してはいけない葬儀のマナー

中には、知らなかったが故に少しマナーを守れていない行動をしてしまうことも少なくありません。ですが、ほんとにちょっとしたことであれば、そこまで他の人の目につくことはないかもしれません。しかし場合によっては人に不快感を与えたり常識のない人だと思われてしまうこともあるので、そうならないように注意していかなければなりません。

まず、最初に注意して欲しいのが遅刻をしないという点です。基本的に遅刻は決まっている時間を守ることが出来ていないので失礼です。ですが、故人を弔う場である葬儀に遅刻していくというのはより失礼なことでもあります。しかし、中にはやむを得ない事情があって遅れてしまうというケースもあるでしょう。会場に遅れてきてしまった際には、お詫びをしっかりと述べてから焼香をするようにしなければなりません。

また、葬儀に参加する場合はお悔やみの言葉を遺族に述べなければいけないシーンもあります。そのような場合は、長々とお悔やみの言葉を述べる必要はありません。基本的に、遺族の負担を考えて手短に述べるのが一般的な大人の行動です。また、その際に故人の亡くなられた経緯を聴こうとして、遺族の悲しみを増長させるような言動をするのは非常に失礼なことです。遺族の精神的な負担を与えないように、意識した上で声をかけるようにしましょう。

葬儀に参列した際には、知り合いに遭遇するというケースも場合によってはあるでしょう。しかし、そのような場合であっても葬儀の最中に私語をするなどの行動は慎むようにします。あくまで葬儀の最中には葬儀に集中し、静かに故人を弔うようにしましょう。葬儀は、会話を楽しむ場ではないので失礼がないように気を付ける必要があります。

上記の内容が、やってはいけない葬儀中の行動です。これらのことがあると、遺族に不快な思いを与えてしまうことがあります。なので、呼ばれて参列した際には遺族の方々の悲しみをより増長してしまうような行動や不快感を与えるような行動は絶対に控えるようにしましょう。大人としてしてはいけない行動をしないように振る舞いに気をつけます。