葬儀の服装マナー

最初に葬儀に参加する際に重要になってくる服装のマナーについて紹介させていただきます。参列する際には、その場にあった適切に決められた服装というのがあるので、しっかりと覚えておくと急に参列するということが発生した場合にも安心です。

まず、基本的な服装は喪服を着用することです。それに加えて男性の場合は、ネクタイや靴下を黒いものを着用する必要があります。アクセサリーに関しても男性は腕時計や結婚指輪以外のものの着用はNGです。女性に関しても喪服の着用はもちろんのこと、履くストッキングなどは黒のものを選ぶようにしましょう。女性の場合、パールのネックレスを着用する人が多くいますが、着用する場合は1連のもののみで2連のもの着用しないようにしましょう。

そして、外で行う葬儀などの場合は、季節によってコートなどの上着を着用していくことがあるでしょう。着用自体はNGではありませんが、暖房器具のない場所で焼香をするというケースの場合は、焼香をする時はコートを脱いで行うのが正しいマナーです。着用するコートについては、素材が皮や毛皮のコートなNGとされています。それらのものは殺生をイメージさせるため、着用は避けるようにしましょう。

葬儀に欠かすことができないアイテムと言えば、数珠です。基本的に、人の物を借りて持つというのはあまり良しとされていません。そのため葬儀に参列する機会が発生した場合には、事前に購入するなどして自分のものを1つ持っておくことが大切です。また、扱い方に関しても数珠というアイテムは法具であることから大切に扱うことが求められます。畳や椅子の上に安易に直接置くなどの行為はマナー違反とされています。そのような扱いをしないよう手にしっかり持つなどして正しい使い方を心掛けるようにしましょう。

上記で紹介させてただいたことをしっかりと守っていけば、葬儀に参列する際の服装のマナーに関しては安心でしょう。着用するものの色や、付けていいものやダメなものなど細かい決まりなどもあるので、葬儀の場に足を運ぶ際には自分の着用しているものが正しいものかどうかしっかり見極めましょう。